1日車検というのは、文字通り自動車整備工場に自動車を入庫したその日に車検が終わるというシステムのことをいいます。
自家用の乗用車であれば、新車を新たに登録した後3年間、その後の継続車検は2年間というのが次回車検までの有効期限となっており、この有効期限が到来するまでに、自動車が保安基準に適合していることを確認するための車検を受けなければなりません。
ところが、この車検というのは公的な制度であるため、不具合の箇所がないように整備をした上で、当日は管轄の運輸支局などの車検場に自動車を直接持ち込んで、そこで係官のチェックを受けなければならず、どうしても時間がかかりがちでした。
この車検を1日で終わらせるしくみというのは、ユーザーから請け負った自動車整備工場が、地方運輸局からの指定を受けた指定工場として、法律上も独自に車検をすることが可能な専用の検査レーンなどを設けていることによるものです。
メーカー取り寄せ品のパーツ交換などの特別な事情がなければ、工場で整備をした後、ただちに工場内の検査レーンに回して確認を済ませれば、それで車検が終了します。
ただし、検査済証のステッカーは運輸支局が発行していますので、車検を通過しても即時交付とはならず、その何日か後となります。