私たちの日常生活に欠かすことのできない重要な移動手段の一つである自動車は、便利である反面高い危険性をもはらんだ乗り物であると言っても過言ではありません。
悲惨な事故を引き起こさないためにも万全の体調で安全運転を心掛けることはもちろんですが、自動車本体にも不備がないように整えて運転をすることが重要となります。

適正な状態で自動車を運転できるように法律によって定められた一定期間毎に行われる自動車の検査を車検と言い、車検に合格すると一定期間その自動車で公道を走行しても良いという許可をもらうことができます。

車検に合格しなければ公道を走行することは許されませんし、一度車検に合格すれば永遠に走行できるというわけでもありません。
車検には有効期間が設けられているので、期間についてはしっかりと把握して適切な管理を行いたいですね。

車検の期間は一般的な家庭用乗用車の場合、新車で購入した場合は3年間有効であり、その後は2年に1度の割合で車検を受ける必要があります。
自家用車の場合でも11人以上が載ることのできる大型自動車の場合は新車で購入した場合も継続の場合も1年毎に車検を受ける必要があるので注意が必要となります。
また特殊自動車や貨物自動車はそれぞれ独自の期間で車検を受ける必要があるので購入する際には事前に確認をしておくとよいでしょう。